株の買い時の見極め方

株を始める時に重要なのは、いつ買うのかというタイミングです。
買い時を見誤ると、利益が少なくなるだけでなく、最悪の場合は損失に繋がってしまう場合があります。
ですから、株を買う時にはしっかり見極められるようにならなければなりません。
では、どのようなタイミング買えばいいのでしょうか。

 

株の買い時

 

・株価が下落した時
株価は常に上下を繰り返しているのですが、ほとんどがある一定の株価を行き来していることに気がつくと思います。
ですが、良くない情報が流出してしまった時には、株価が下落してしまうことが予測されます。
それは、その株の損失を抑えるために保有している人が、売りに出ているからです。
この時、下落して安くなった株を買うというのも一つの方法です。
また好転してきた時、その株を保有していたり、株価が上がった時の売ればそれだけ利益を出すことができるなどのメリットがあります。
但し、どこまで下落するのか、どこで好転するのかというのも、予測できる能力が必要になります。

 

・大きく株価が動いた時
ニュースや新聞などを見ていると、株価のことを取り上げているのを見ることがあります。
この動きをよく見て、大きく動いた時はチャンスです。
下がった時には下がりきった後に買うことで、利益に繋げられますし、大きく上昇しようとした時は、始めのうちの買うと大きな利益に繋げられます。
但し、これは確実というわけではありませんので、買う時はよく考えて行動に移しましょう。

株投資をするうえで覚えておきたいこと

株取引を始める時には様々なことに注意しなければなりません。
もし、ただ単に稼げるからとか、儲かるからという理由で始めたとしたら、大きな損失を出してしまう恐れもあります。
ですから、株投資をするうえでは、覚えておくべきポイントがあります。
失敗してしまわないようにはどうすればいいのかを、具体的に紹介していきましょう。

 

・投資スタイルを知る
株投資には、大きく分けるとデイトレードと中長期投資の2つの種類があります。
デイトレードでは、1日のうちに何度も取引を繰り返すことで利益を得ていく投資スタイルです。
中長期投資は一度買った株をある程度の期間保有し続けることにより、株価が上昇した後に売却したり、配当金や株主優待を利用することで利益を上げる投資スタイルです。
主にこの投資スタイルがあるのですが、投資スタイルを決めずに適当に取引を繰り返すと、株取引をする時のコツなども覚えられなかったり、利益が出しにくくなります。
自分に適した投資スタイルを決めて、その投資方法で利益を出すためには、どのようなことに目を向けていかなければならないのかなどもしっかり勉強しておきましょう。

 

・始めは割高な株には手を出さない
最初から大きな利益を狙って、割高な株を買ってしまうと、失敗してしまった時に大きな損失に繋がってしまいます。
実際に株取引をした経験がないという方は、できるだけ割安な株から始めてみることをお勧めします。

 

・株価が激しく変動する株は買わない
銘柄の中には、株価が激しく変動するものもあります。
初心者はただ単に安い時に買って、高くなった時に売ればいいと考えてしまい、それに挑戦しようとするかもしれませんが、それは非常に危険です。
変動が激しいと、それだけ大きな損失を生み出してしまうリスクもあるということでもあります。
初心者はまずあまり株価が大きく動かない株から始めてみることをお勧めします。

浮気ではなく、株の購入方法の勉強中でした(笑)

最近旦那さんが何やらコソコソとネットで調べ物をしていることが増えました。
私が部屋に入ると、パソコンを慌てて隠す(^-^;)
超、怪しい…
最初は、「あやしいサイトでもやっているのか?」と疑っていました…

 

旦那が仕事に行っている間にパソコンを調べることに。
残念ながら?出会い系などをやっている痕跡は見当たらず…
気合を入れて調査した分、少々期待はずれでした(笑)

 

その代わりにお気に入りのところに「株買い方」のサイトが
複数登録されていました。
これか!!と、妻の勘が働く。

 

 

帰宅した旦那に最近の怪しい行動を問いただしてみると、
やっぱり株を始めようかと企んでいたみたいです。
仲の良い同僚が株を始めたらしく、旦那も興味を持ったのだとか。
さすがにリスクがある為、とりあえず株の買い方を勉強しているとのことでした。

 

私は、株ってお金持ちの人が買うものだって印象が強かったのですが…
最近では、結構手軽に始める人も多いみたいです。
でも、不安が大きいので反対!!
我が家の財務大臣は私なので、旦那の勝手にはさせません!!笑

 

とりあえず私も株買い方を勉強してみて、納得できたらチャレンジしてみることにしました♪